神前式の次第

1
参進
定刻15分前に巫女の先導で参進いたします。
参進の序は、媒酌人、新郎・新婦、両親、兄弟姉妹、親族の順です。

2
神前に一礼
一同起立し、斎主にあわせ御神前に一礼いたします。

3
清めの祓い
一同起立し、頭をさげておはらいをお受け頂きます。

4
斎主祝詞奏上
斎主が神前に進み、今日の佳き日にお二人が結ばれたことを神様に奉告し、お二人が末永く契りを結んで幸福に暮らせるようにと祝詞を奏上致します。

5
神前神楽奉奏
巫女が新郎新婦と両家の繁栄を祈って神楽舞を御神前に奉奏いたします。

6
夫婦誓いのお盃
斎主・巫女が神酒と(三ッ組盃)をお持ちいたしますので、新郎、新婦は起立ください。神酒は大中小の盃に3回に分けてつがれます、両手で静かに受け、3口で飲みます。
まず、小盃を新郎から新婦へ、次に中盃を新婦から新郎へ、そして大盃を再び新郎から新婦へと取り交わします。

7
誓詞奏上
新郎新婦は前の案(台)のところに進みます。
誓詞は新郎が読み上げ、最後に新婦が自分の名前だけを「妻○○」と読みます。お二人の末永い契りを神の前に誓うのですから心をこめて奏上することが大切です。

8
玉串拝礼
新郎新婦は玉串を巫女から受け取り、案上に供え二礼二拍手一礼の作法で拝礼します。

9
指輪の交換(または贈呈)
指輪を巫女がお持ちいたしますので、これを受け取り、相手の左薬指にはめます。
※婚約指輪をなさっているときは、あらかじめはずしておいてください。

10
参列者代表又は(ご媒酌人)玉串拝礼
参列者は代表の拝礼に合わせて自席で拝礼します。
※媒酌人がいらっしゃる時は媒酌人に合わせて自席で拝礼します。

11
親子のお盃
新郎の両親へ進められた盃が新婦へ、新婦の両親へ進められた盃が新郎へ互いに盃が取り交わされます。

12
皆様方のお盃
神酒の入った盃が全員にいきわたりましたら神酒拝戴の儀を「おめでとうございます」の発声に合せ行います。

13
神前に一礼
一同起立し、斎主にあわせ神前に一礼いたします。

14
退出
拝殿前にて集合写真撮影の後、神殿を後にします。
佐嘉神社記念館